母のメガネをつくるために。

私の母親は幼い頃から本の虫で、夜中には枕元に必ずといっていいほど本が置いてありますし、小さい頃から私が帰宅するといつもリビングのソファに座って小説を読んでいました。そうした環境に育ったので自分もたくさん本を読むようになり、それは有り難いことだな、と感謝しているところなのですが、いかんせん、母は読書のし過ぎで目を酷使してしまっているので、視力がとても悪いです。具体的な数字は分からないですけど、遠視に乱視に近視に、、、と世の中で「目が悪い」と言われる原因全てに集まっているようで、最近ではメガネをかけても手元がかすむようになってきてしまったようです。これは困ったと言うことで、先日、母を連れて、近くの眼鏡屋さんに行ってきました。一件目の安いメガネが多く置いてあるお店では、ここまで強くて薄いレンズは作れないと言われてしまい、結局、三件回ってようやく作ってくれそうなところがありました。値段は安くなかったけれど、これで母が快適に読書をしてくれればいいなと思っています。www.gyxzfw.com